シロアリ駆除のプロセス

ホウ酸塩防腐防蟻剤によるシロアリ駆除のプロセスを図解

#1 木材に水溶液を塗布

  1. シロアリがホウ酸塩を塗布した木材の表面を食べるシロアリが木材をかじり、浸透したホウ酸塩がシロアリの体内に入いる
↓
  1. シロアリの代謝が止まり餓死する やがてシロアリの代謝が止まり餓死する
    ※イエシロアリは体重の0.1%のホウ酸を摂取すると全滅します。

#2 ダスティング(ホウ酸塩粉末の散布)

  1. シロアリの手足や体にホウ酸塩の粉末が付着蟻道などに散布されたホウ酸塩粉末がシロアリの手足や体に付着
↓
  1. グルーミングで体内にホウ酸塩が入いりシロアリは餓死 付着したホウ酸塩粉末は、体に付着した異物をなめてきれいにするグルーミングの習性により、シロアリの口から体内に入いり、やがて代謝が止まり餓死する

シロアリのコロニー(巣)で餓死の連鎖

  1. シロアリの排出物や共食いでコロニー(巣)にホウ酸塩の影響が広まるコロニーに帰ったシロアリの排出物や餓死した固体の共食いで、他のシロアリの体内にホウ酸塩の影響が巣内に広まる
↓
  1. コロニーでホウ酸塩が広まりシロアリの餓死が連鎖 コロニー内でホウ酸塩の影響が広まりシロアリの餓死が連鎖する

※ホウ酸塩防腐防蟻剤は、直接シロアリを殺す今までの農薬系の殺虫剤と異なり、ゆっくりと作用し代謝を止め子供が産めなくなり、繁殖を抑えます。
 防御や駆除のポイントは、シロアリに対し最も効果的にホウ酸塩と接触あるいは摂取させることです。
 テレビコマーシャルのゴキブリ連鎖駆除も、有効成分は異なるが同じ原理です。


【他の害虫への対応】
  •  ホウ酸塩防腐防蟻剤は、直接害虫を殺す殺虫剤と異なりゆっくりと作用して繁殖を抑えるもので、いかにして害虫の口から体内へホウ酸塩を入れるかがポイントになります。
     木材を食べない害虫には、界面活性剤を使用せず木材表面にホウ酸塩がとどまるようにするなど、駆除したい害虫に合わせて「ティンボアPCO」をご使用ください。